薄毛がコンプレックスな男性は日本人でも多いです。特に日本の場合は髪が薄くない人の割合も少くないため、どうしても薄毛が目立ちやすくコンプレックスに感じているという人も多いですよね。

ですので、たくさんのメーカーから育毛剤が発売されており色々な種類のものが販売されています。

では、どの育毛剤が一番良いのでしょうか?

人気があるものは効果が高い事は間違いないですが、それでも全員に効果があるわけではなく効果がなかったという口コミもあります。

差が出る理由としては、主に育毛剤に含まれる成分の違いによる事があげられます。

育毛剤には様々な成分が配合されています。その中には、

・抜け毛を防ぐためのもの
・髪の毛に栄養を与えるためのもの
・新しい毛を生やすためのもの
・今ある毛を育てるためのもの

など、成分によって得られる効果が変わってきます。

毛の悩みには育毛剤を使うのが一般的ではありますが、正確には「育毛剤」「発毛剤」「養毛剤」など目的によって名前が異なり配合成分も変わってきます。

ですので自分がどんな目的で育毛剤を使っていきたいのか明確にして、それにあったものを選んで使う事が大切になってきます。

ではそれぞれどんな効果があるか解説していきます。

まず育毛剤は、やせ細った毛を元気して太く丈夫な毛に替えていくと共に、頭皮の状態を改善もしてくれて頭と髪の毛のケアをしてくれます。これによって髪の毛が育ちやすくなったり抜けにくくなったりもします。

次に発毛剤についてです。発毛剤の最大の特徴は新しい毛を生やす効果が期待できる事です。そのため3つの中では一番効果を得やすくなっていて、特にAGAの場合は発毛剤が必須になってきます。

最後に養毛剤についてですが、これは3つの中では一番効果が弱く髪の毛のケアだけを目的としたものになります。髪が元気になるとハリも出て量が増えたようにも見えてきますが、毛を生やす効果はないので間違えないようにしなければなりません。

このように育毛剤として売られているものの中にも細かく分けるとそれぞれ特徴が異なるので、自分の目的にあったものを選んで上手に育毛・発毛していく事が大切です。

もしどの育毛剤が自分にあっているのかわからないという方は、口コミなどで自分と同じような髪の悩みを持った人の意見を参考にしてみたり、他にもAGA治療などを行っている専門医に相談してみるという方法もあります。
コンプレックスで嫌な思いしないためにも、ぜひ上記を参考に自分にあった育毛剤を選んでみてください。