アルトコインの将来性
仮想通貨で最も有名なのがビットコインですが、マイニングをするのが困難になっていてしかもコストもかかってしまうので、ビットコイン以外の仮想通貨も出てくるようになりました。

ビットコイン以外の仮想通貨はアルトコインと呼ばれていて、最近では多くの取引所で購入する事が出来るようになっています。

まだビットコインに比べると浸透してきていない部分がありますが、実際にアルトコインはどのような特徴があるのか見ていく事にしましょう。

ビットコインより進化した仮想通貨

ビットコインが出てきた事によりサービス利用の決済などにすごく便利になってきていますが、ブロックの生成間隔が10分ぐらいかかってしまう点や匿名性などで課題もいくつかありました。

それでもう少し仮想通貨として使用しやすいようにするために、ビットコインより進化したアルトコインが出てくるようになりました。

アルトコインはブロックの生成間隔を短縮させて取引のスピードを速くしたり、匿名性もビットコインより高めています。それでビットコインより仮想通貨として使用しやすいという特徴があります。

しかしアルトコインは種類がたくさんあるので機能が大幅に異なっていたりする事もあります。

投資目的として購入するのもアリ?

ビットコインが出てきた時は1BTC1円以下でしたが、時間が経過するとともに急騰してきて現在では1BTC10万円ぐらいになっています。

それで今から投資目的で仮想通貨を購入する場合はビットコインだと利益を出していくのはなかなか難しいです。

しかしアルトコインはビットコインに比べて価値が低いので、種類によっては1BTC1円以下のものもあります。

それでビットコインのように浸透してくると急騰して価値も高くなるので、投資目的として購入すると億単位の利益を生み出せる可能性も秘めています。

アルトコインの種類

アルトコインでまず挙げられるのがイーサリアムで時価総額がビットコインに次いて2位となっています。取引して契約した時にブロックチェーン上に自動的に履歴を残す事が出来るのが特徴です。

ビットコインにはない機能なので将来性がある仮想通貨と言えます。またアメリカのテクノロジー企業のGoogleが出資して有名になったリップルや日本発の仮想通貨として出てきたモナコインなども今後期待されている仮想通貨と言えます。

ビットコインは価格の変動が大きいと言われていますが、アルトコインも同じような傾向があります。それで購入する時は価格の変動に注意するようにしましょう。