みなさんは「電話占いジプシー」をご存知ですか?これは色々な電話占いサイトを巡り歩いて散財する人のことで、自分の納得の行く占い結果を得られるまでひたすら電話占いを受け続けます。

それって自分のことじゃないかと思ったアナタ。早く抜け出さないと手遅れになってしまいますよ。

「占ってもらわないと不安になる」
「理想の占い師さんがどうしても見つからない」

当記事では、人々がなぜ電話占いジプシーになってしまうのか、その原因をご紹介いたします。原因を知ることで、ジプシー卒業の方法も見えてくることでしょう。

まずは原因を探ろう!各電話占いサイトを放浪してしまう理由とは?

電話占いジプシーに陥ってしまうのは、あなたが求めている回答と違うことを言う占い師が多いからではないかと思います。

あなたは占ってもらおうとは考えていても、「こう言ってほしい」という願望をお持ちではないでしょうか。

たとえば別れた彼は実はまだあなたのことを愛していますよとか、今はお金を貢がされているけどそのうち本当の愛が芽生えますよとか。

しかし占い師は、あなたが言って欲しいと考えていることを言う存在ではありません。あなたの考えとは全く違うことも言うでしょうし、厳しいことを言うこともあるでしょう。

そんなときに、電話占いジプシーの人は、たしかにそういう考えもあるな真摯に受け止めるのではなく、「この先生はダメだ」「全然(占いが)当たってない」と考えてしまうのです。

そして「もっと良い先生がいるはずだ」と他の占い師や電話占いサイトを当たる。これがひたすら繰り返されるわけですね。

しかし考えてもみてください。あなたがこう言って欲しいと思うことを言ってくれればそれでいいのでしょうか。そんなことのために1分何百円も払うのは馬鹿らしいと思いませんか。

自分の考えとは違う意見にも耳を傾ける、助言を素直に聞く。電話占いを利用するならそういう姿勢でないと、はっきり言ってお金の無駄です。

「こうあってほしい」という願望と、現実とには乖離があるものです。あなたの妄想ともいうべき願望を肯定し、それが叶うと無責任なことを言う占い師はほとんど存在しないでしょうし、もしいたとしてもそれはダメな占い師です。

電話占いサイトを渡り歩くのはもうやめにしましょう。

依存症タイプ

何をするにしても、電話占いで先生に相談してからでないと不安になる、動き出せない。そのようなジプシーは「依存症タイプ」と私は呼んでいます。

この依存症の原因は、電話占いを頻繁に利用するうちに、助言を貰ってから行動することが当たり前となって、自分で物事を考えることができなくなってしまっていることです。

親にこうしなさいああしなさいと言われ続けて、結果、自分一人では何もできなくなってしまった子供と同じ状態ですね。

自分で何か決めることも、行動することもできないため、電話占いサイトを利用しないと不安でたまらなくなるのです。

しかし占い師は常に正しいことを言うとは限りません。占い師の言うことは当たっていてくれないと、このタイプのジプシーは非常に困るわけです。なぜならその占い師の言うとおりに行動することしかできないからです。

この依存症タイプから抜け出すには、禁酒や禁煙と同じで、電話占いサイトを利用しないようにするしかありません。

しかしそれには電話占いに対する認識を改める必要があるでしょう。ジプシーを脱却する方法については、別の記事に書きましたので、そちらをご覧ください。

電話占いの評判や口コミまとめ

まとめ

以上、電話占いジプシーに陥ってしまう原因をご紹介いたしました。

おそらくこの記事を読まれたジプシーの皆さんの中には「私そんなんじゃないもん!」と反発心を起こした方もいらっしゃるのではないかと思います。

しかしその、人の意見を聞かない姿勢がすでに、あなたがジプシーになった原因を示しているとは思いませんか。ジプシーなんて時間とお金の無駄ですから、とっとと卒業することです。